三味線撥修理

1.津軽鼈甲撥を落とされて割れた部分が大きかったので、お客様と今後の使用も考えて片耳甲修理でなく惣甲全てを交換することになりました。

2.最近ではなかなか鼈甲の素材が枯渇しており手に入りにくい状況でございましたが条件に合う鼈甲を見つけていただき画像のように綺麗に仕上がりました。今回お時間は3週間の予定でございましたが、2週間で仕上がりました。

3.今回は手元黒水牛台の津軽撥を修理させていただきました。手に馴染んだ撥が修理により新しく生まれかわって、また長く使っていただけるので壊れたり撥磨きで甲が減った場合は是非お問い合わせくださいませ。