三味線撥修理

津軽撥惣甲交換修理

1.津軽鼈甲撥を落とされて割れた部分が大きかったので、お客様と今後の使用も考えて片耳甲修理でなく惣甲全てを交換することになりました。

2.最近ではなかなか鼈甲の素材が枯渇しており手に入りにくい状況でございましたが条件に合う鼈甲を見つけていただき画像のように綺麗に仕上がりました。今回お時間は3週間の予定でございましたが、2週間で仕上がりました。

3.今回は手元黒水牛台の津軽撥を修理させていただきました。手に馴染んだ撥が修理により新しく生まれかわって、また長く使っていただけるので壊れたり撥磨きで甲が減った場合は是非お問い合わせくださいませ。


津軽撥両耳付け修理

1.津軽鼈甲撥を愛用なさり、かなり幅(ひらき)が狭くなったとのことでお客様と予算と修理内容を御話させていただき見た目は少し修理跡残りますが両耳甲付け修理になりました。

2.綺麗な鼈甲柄ですので、この鼈甲を残し、耳先の厚みと幅を付けてしっかり弾ける(たたける)撥に修理する必要がございます。

3.ひらき幅が約8cmと狭くなっております。ひらき幅が狭すぎて演奏しにくい状態になっています。


4.修理完成後!遠めからはわかりにくいですが、逆V字で両耳足して付けてあります。

5.近い柄に合う鼈甲を見つけていただき画像のように綺麗に仕上がりました。いままでの耳先を少しカットし先の厚みと被せも広くし補強してあります。近くで見ると修理跡は分かりますが、舞台など遠めからではわかりにくいと思います。今回お時間は約2週間程で仕上がりました。

6.写真では角度により分かりにくいですが、実際には9.5cmのひらき幅になりました。手に馴染んだ撥が修理により、また長く使っていただけるので壊れたり撥磨きで鼈甲が減った場合は是非お問い合わせくださいませ。


お客様の声

「津軽撥両耳付け修理」をご依頼いただきました静岡県S様より暖かいお言葉をいただきましたので、S様の了承のもと掲載させていただきます。

 

静岡県S様よりいただきましたお言葉

この撥は、津軽専用の撥という事で、30年に購入し長年使い込んで、削りに削ってしまいました。
しかし、これ程見事に再生できるとは思いませんでした。
鼈甲模様も違和感なく、新品と同じ感覚で使えます。
また、こちらの予算の中で仕上げて頂き、ありがとう御座いました
またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

 

S様

温かいお言葉本当にありがとうございました。

大切な撥でまた多くの皆様にS様の音色が届くことが、私達も嬉しく思います。

また何かございましたら、よろしくお願い致します。 前川楽器店

 

 

 

S様から再度撥修理のご依頼いただきました。

下記の両耳付け修理でございます。

ありがとうございます。

プラ台撥両耳甲付け修理

1.津軽撥両耳甲付け修理していただいた静岡県のS様に再度ご依頼いただきました両耳甲付け修理のご紹介。

既に鉛入り120gにカスタムなさっていらっしゃるプラスチック撥を写真のように耳甲付けでご依頼いただき誠にありがとうございます。

※下記コメントにございますように地唄撥をカスタムなさったみたいで素晴らしいですね

2.撥のひらき幅を8.5cmとご指定いただき、かつ津軽を弾かれることも考慮して耳先の厚みを考えさせていただきました。

3.撥のバランスも考えて、ほんの少し幅広くなることも伝えさせていただきました。


4.なるべく綺麗な鼈甲を両耳に使い、仕上げさせていただきました。

綺麗さと厚みも出しております。もともとの撥の特徴から少しやわらかな津軽曲に適しそうですね。

5.プラスチック撥の先が割れており、お預かりした段階からカットしてあった部位。甲の被せも少しひろめに。

6.耳甲にするためにカットさせていただいた部位は強度を残すためにカット部位は短めに。左右の大きさの違いで音色を楽しんでいただく仕上げとなっております。

 

再度ご依頼いただき本当にありがとうございました。


お客様の声

前回「津軽撥両耳付け修理」、今回「プラ台撥両耳甲付け修理」をご依頼いただきました静岡県S様より再度暖かいお言葉をいただきましたので、S様の了承のもと掲載させていただきます。

 

静岡県S様よりいただきましたお言葉

今回、二回目の耳付け修理依頼となりました。
今回も申し分なく大変丁寧な仕上げをして頂きまして、誠にありがとうございました。
このねり撥は、昔の地歌用の撥のようで、長さが19cm、重さが200gほどありました。
昔のねり撥の為か、材質が非常に固く撥の音質が良かったので、津軽の撥用に握りをカットし、鉛を削り120gの重さに改造しました。
しかし、鼈甲撥のような撓りが無いために、先が割れてしまいました。
今回の修理に際しては、撥先の割れた部分と、新たにカットして耳を付けて頂いた部分の大きさと、鼈甲の厚みに違いをつけてくれました。
それによって、それぞれ音色の違いが出て、曲味を楽しむことができました。
それでは、またの機会がありましたら、宜しくお願い致します。

 

S様

再度御依頼いただき、また今回も温かいお言葉本当にありがとうございました。

左右大きさの違う耳甲撥でそれぞれの音色を楽しんでいただいているとのことで、私達も嬉しく思います。

また今後とも、よろしくお願い致します。 前川楽器店

 

 

プラ台耳牙撥片耳甲付け修理

1.民謡プラ台耳牙撥・耳甲付け修理のご紹介。

落とされて割れてしまった片方の耳象牙撥先の修理で象牙をつけることもできますが、お客様と御話しさせていただき、強度、用途、お客様がもう1点両耳牙撥をお持ちであるということから、大きめの鼈甲をつけさせていただくことになりました。

2.大きく割れてしまっていますが、片方はまだ使用できますし、勿論割れた側もしっかり使えるように修理可能でございます。

3.強度をだすため、大きめの鼈甲で耳甲修理致しました。両耳牙と雰囲気変わって特徴的ある撥となりました。

4.片耳牙・片耳甲の民謡撥。カスタム仕様で特徴的ですね。ある種ご自宅でお稽古なさる時に象牙・鼈甲の音色の違い(曲にあうかどうか)をすぐ試せるのはいいですね♪


黒水牛台鼈甲津軽撥両耳甲付け修理

1.黒水牛台鼈甲津軽撥両耳甲つけ修理のご紹介。

落とされて割れてしまった片方の撥先の修理で、お客様と御話しさせていただき、割れていない方もかなり使用なさっていたため、両耳甲でしっかり補強させていただくことになりました。

2.割れていないほうはまだ使用できそうに見えますが、よく見ると先も減り、内部も少しダメージがございますので、両耳甲付けで補強致します。

3.割れた部位と耳甲補強部位の比較。

遠めからでは補強箇所がわかりにくいです。

4.よく見ると、補強つなぎめのラインが左右あるのがわかります。

5.逆面もよく見ないと分からない状態で、両面とも絃をたたく面を大きく補強してつなぎに干渉しないようにしてあります。

6.新品では高価な黒水牛台鼈甲津軽撥。鼈甲全てを変えることも可能ですが、両耳甲つけのみでコストを抑えてしっかり弾けるようにも補強できますよ。

7.お客様の手に馴染んでいる撥の修理ですので、修理後も弾きやすく、仕上がり具合も好評でございます。


プラ台鼈甲津軽撥両耳甲付け修理

1.プラ台鼈甲津軽撥両耳甲つけ修理のご紹介。

上の黒水牛台と同じ団体の方からご依頼いただき、こちらも割れてしまった片方の撥先の修理でございます。お客様と御話しさせていただき、割れていない方もかなり使用なさっていたため、両耳甲でしっかり補強させていただくことになりました。

2.両耳甲付けしておりますが、写真でもわかりにくいように綺麗に仕上げて補強致してあります。

3.こちら(2の逆面)の右側は割れた部位だったところを耳甲付け補強。こちらもよく見ないと分からないぐらい綺麗ですね。

遠めからでは補強箇所がわからないと思います。

4.割れても修理で綺麗になりますよ

5.鼈甲状況により価格高騰している津軽撥。以前はお求めやすかったプラ台鼈甲津軽撥も手に入りにくく、さらに価格もあがっていますので、修理して永く大切に使っていただければと思います。